人気の屋形船に乗ろう!

屋形船の魅力を満喫しよう

当サイトでは、屋形船を楽しみたい人向けの情報が満載です。春のお花見から夏の花火、また紅葉や夜景など、シーズンごとのおすすめなども掲載しています。
キャンセル待ちになるほどの人気コースもありますから、定期的にチェックしておくと、見逃す心配もありません。
また、船やシステムに関する豆知識もあり、初めて体験する人であっても安心です。日本人に長く親しまれている一方、最新の技術が導入されているのも、屋形船の特徴といえます。どうぞ当サイトで、その魅力に触れてください。

キャンセル待ちがでるほど人気!屋形船で花火を見るメリットとは?

屋形船で花火を見るメリットとは? 屋形船における最盛期の1つは、花火大会のシーズンになります。時折、キャンセル待ちになるほどの人気ぶりで、そのブームは収まる気配もありません。その秘密とは、屋形船独特のシステムと、花火大会の親和性の高さにあります。船で行き来する以上、乗員以外の人間は周囲にいません。
つまり、イベントにありがちな人混みを避けられるというメリットがあります。しかも、大会のメインとなるのは、地上ではなく空中です。それだけに、邪魔が入らずゆっくりと眺められる環境は掛け替えのないものとなります。
同時に、水の上を航行しますから常に涼しい環境にいられるのも、見逃せないポイントです。予約が取れずキャンセル待ちにならないよう、屋形船を早めに予約して、花火大会を堪能していきましょう。

花火大会は屋形船で決まり!

花火大会は屋形船で決まり! 美味しい食事やお酒を楽しみながら、海に出て爽やかな風を受ける。またそれだけでなく夜景や花火を満喫できるのが屋形船の最大の魅力です。元々江戸時代などではそういった用途で使われていたものですが、最近はいつもと違う趣向を凝らしたイベントとして会社関係や友人たちとのパーティーで選ばれるケースがたいへん多くなっており、花火のシーズンなどは予約でいっぱいになるほどです。
屋形船となるといかにも大尽遊びといった感があり、確かにバブルの時代ではお金を持っている人が楽しむようなものではありました。しかし現在は一般の方でも複数で利用すれば決して高価なものではなくなっていますし、貸し切りだけでなく乗り合いでの利用も盛んです。
しかし通常時ならともかく、花火大会の日ともなると予約が殺到することもあり、当日にはなかなか利用できないのはもちろん、繁忙期だけに料金は高めになってしまうようです。食事などのサービスをカットしたリーズナブルなコースもあるので、気軽に楽しんでみたいといった方にはそちらの選ぶのもおすすめです。
大きなイベントともなると混雑してしまいあまり楽しい気分だけで過ごせないこともありますが、屋形船ではそういったこともなく贅沢な気分で素敵な時間を過ごすことができますよ。

屋形船関連お勧めサイト

東京 川下り

新着情報

◎2018/8/24

外国人集まれ!英語対応可の屋形船
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

洋風の屋形船はある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

屋形船は一年中乗船できる?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

わいわい盛り上がろう!
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

サイトを公開しました

「屋形船 花火」
に関連するツイート
Twitter

12月になると毎週東京湾から花火が上がるので、屋形船に乗ってぜひ見てほしい! 冬の花火っていいよねーー♪ pic.twitter.com/bOkGjM0ya9

【登録サイト情報】 東京湾屋形船めぐりは kokoro-web.com/tw/1492 JR田町駅徒歩7分 港区芝浦から出港 屋形船での東京湾、隅田川周遊の案内。お台場など周遊スポットや花見、花火などイベント...

TwitterこころのWeb.com@kokoro_web

返信 リツイート 2:55

屋形船の船清です。冬の東京港は、お台場、レインボーブリッジ、東京タワー、スカイツリーがスペシャルバージョンのライティングで彩られます。又、12月の土曜日は、お台場レインボー花火も開催。満席必至。ご予約はお早めに。bit.ly/2QCI7Xb pic.twitter.com/LFQ6MhZCK1

Twitter屋形船 品川 船清@yakatafunasei

返信 リツイート9 昨日 17:51

屋形船貸し切って、打ち上げられた花火ガン無視しながら広い畳のど真ん中でドンと寝てえ

大嫌いと大好きの距離埋める、二人の推理とサスペンス!釣りだ花火屋形船!事故か事件か推理の火花!たった1つの真実見抜く見た目は子供、頭脳は大人。その名は「名探偵コナン」! 【第296話「屋形船 釣りショック」】

TwitterコナンアニメOPセリフ集@ConanOP_bot

返信 リツイート 昨日 7:00

【浮世絵を100倍楽しむ江戸文化】夏の楽しみといえば隅田川の納涼。川開きになると連日大量の屋形船、そして打上げ花火が上がったの。両国花火は八代吉宗が飢饉で亡くなった者の冥福を祈る水神祭を行った際、周辺の水茶屋が打上げたのがきっかけ。これが現代の隅田川花火大会に引き継がれているの。

返信先:@JoppaOrange 隅田川に屋形船浮かべて花火見るのが江戸っ子の粋

【登録サイト情報】 東京湾屋形船めぐりは kokoro-web.com/tw/1492 JR田町駅徒歩7分 港区芝浦から出港 屋形船での東京湾、隅田川周遊の案内。お台場など周遊スポットや花見、花火などイベント...

返信先:@m9otomeza あー、屋形船の上から花火見物、食事はオードブルっすか?豪勢やなあ

【登録サイト情報】 東京花火屋形船あみ武 kokoro-web.com/tw/500 東京花火屋形船 江戸川から舞浜 ディズニーランド沖と、晴海からお台場の遊覧クルージングの二つのコースを持ち 屋形船内で...